仕事はお客さまとの
長いお付き合いの中にある

神山 薫州

渋川金井店 営業スタッフ

2011年入社 
高崎経済大学 地域政策学部 地域づくり学科卒

広いテリトリーでお客様訪問をスタート

じつは就職前はとくにクルマが好きということはなかったです。第一志望も東京の旅行代理店だったのですが、うまくいかなかったため地元の企業を見直すことにしました。群馬トヨペットは他社と比べて面接の機会も多くありましたし、話をよく聞いてもらえたことで入社を決めました。
配属された渋川金井店は営業テリトリーがとても広い店舗で、お客さまも、店舗に出向くより来てもらった方がいいという方が多いため、営業も訪問が中心になります。1年目の営業活動は無我夢中で、車の各種申請手続きや自動車保険など事務的な仕事で覚えることも多くあって、何もわからないうちに終わったという気がします。でも、そんな中で思い出に残る出来事もありました。

契約は神山君と、と言ってもらえた思い出

営業の仕事を始めてまだ間もないころの事です。奥様用にプレミオを見に来店いただいた60代のお客さまと思いがけず話がうまく進み、いよいよクロージングという日に店長とご自宅に伺ったのです。ところが、契約をという段になって、「明日、神山君が一人で来てくれた時に」と言われたのです。新入社員だということを知っていて、私に契約を取らせてやろうという心遣いでした。初めて営業担当として認めてもらえたことで、これが新人時代の忘れられない思い出になっています。そのお客様とは、今も変わらずに大切なお客様としてお付き合いをさせていただいています。

販売後の長いお付き合いが営業を支えている

車の営業は販売して終わりではなく、車検や点検で自店を使っていただく入庫アプローチや、自動車保険の案内や手続き、バリューチェーンと呼ぶ車にまつわる様々な商品の販売など、お客さまと途切れることのないお付き合いが続きます。こうしたアフターフォローは店舗の全員でやっていかなければうまくいきません。チームワークの良さが営業にとっても重要なのです。
やりがいを感じるのはやはり、車が売れた時が一番。成果が出れば給料にも反映しますしね。でも、長いお付き合いで信頼関係を築いて、どんな事でも頼りにされるようになることでも同じようにやりがいを感じます。仕事で一番大事にしているのは、お客さまとの約束を守ることです。信頼関係があってこその仕事と思っています。

Work Flow

  1. 契約
  2. 納車までの定期フォロー
  3. 納車
  4. 調子伺い
  5. 点検・車検のご案内

恵まれた環境の店舗で
一人前の営業に育っていく

渋川金井店は2年前にリニューアルしたばかりで、明るく広々としたショールームが自慢です。店舗の先輩スタッフにも恵まれていると思います。相談しやすくてなんでも気軽に教えてくれますし、落ち込んでいると店長がどうした?と声をかけてくれます。
そんな渋川金井店で営業を始めて6年目ですが、まだまだ半人前だなという気がしています。まずは営業という仕事で、だれが見ても一人前と言ってもらえるようになることが目標です。

  • SCHEDULE

    6:45
    起床~朝食
    8:30
    出社、事務所・ショールーム掃除、
    ミーティング
    9:00
    営業
    商談、お客様宅へ訪問、
    電話アプローチなど
    18:30
    20:00
    退社
    20:30
    帰宅
    23:50
    就寝
  • MY CAR

    プレミオ

    今乗っているクルマはプレミオの2台目。営業担当が一番多く乗っているクルマです。

  • PRIVATE

    野球

    大学の頃準硬式野球をやっていて、4年のときに全国大会へ行きました。ポジションはショートでした。今も会社の野球部でがんばっています。

MESSAGE

群馬トヨペットのお店はチームワークが良くて、
和気あいあいとやれているのが自慢です。
ぜひ一度見にきてください。