数字で見る群馬トヨペット

群馬トヨペットの事業や仕組みについて数字で表しました。この数字から群馬トヨペットの事業規模の大きさを感じ取ってください!

  • 27店舗
    販売網
    群馬トヨペットは27店舗の販売網を持っています。中・大型車の人気車種をラインアップする「トヨペット店」、LEXUSブランドの「レクサス店」、そして中古車販売の「U-Car」「T-UP」の店舗があります。
  • 337億円
    売上高実績
    2017年度売上高実績は337億円、経常利益は9億円。県内ディーラートップクラスの実績です。ここ数年、最高益を更新中で、安定した経営には定評があります。
  • 7000
    年間販売台数
    年間販売台数はトヨタ車の新車のみで約7000台です。レクサスは約400台。このほか中古車の販売が年間1500台くらいあります。合計すると年間約9000台の車を販売しています。
  • 4年ごと
    従業員満足度(ES)調査
    2004年から4年ごとに従業員満足度(ES)調査を行い、その分析からさらにESを高めるための施策を立案しています。これまでに教育研修の「GP学園」、家族ぐるみ運動会「GPフェス」などが生まれています。
  • 551
    社員数
    2019年1月1日現在の社員数は551人。2018年までの最近5年間の新卒採用数は23名、28名、17名、22名、13名でした。
  • 310m
    ガラス窓
    高崎佐野店のショールームにある3m×10mのガラス窓。その向こうには整備工場が見渡せ、作業の状況を見ることができます。お客様と対話がしやすいレイアウトを採用しました。
  • 5000mm
    ひさしの長さ
    ショールームの軒下に張り出したキャノピー(ひさし)の長さは5000mm(5m)。トヨタ店の多くは、全面ガラス張りと長いキャノピーが際立つデザインですキッズコーナーもあり、来店型の営業スタイルを推進しています。
  • 1
    研修の数
    営業スタッフの新入社員は配属後12月まで月1回の研修があります。2年目の5月から12月までも月1回研修。サービススタッフの新入社員も配属後月1回の研修が続きます。