checkbox1checkbox2plusarrow02plus02arrow01balloon01building01car02file01mail01topic01used01wrench01gear01camera01car01key01shop01speaker01blank01book01calculator01calendar01lupe01tel01

CSR・環境方針情報

基本理念

私たちの住む群馬県は、上毛三山をはじめとする美しい山々と、利根川に代表される清らかに澄んだ川の流れなど、豊かな自然に恵まれています。
この地で自動車販売・整備業をいとなんでまいりましたが昨今の社会情勢は、環境に悪影響を及ぼす様々な問題に対して厳しい目が向けられるようになり、私たちの事業活動も環境問題を優先して考えていかなければならない状況にあります。
この豊かな自然に恵まれた美しい群馬県を次の世代に引き継いでいく事が、私たちの会社が地域に貢献し、お客様の信頼を得る為の重要な課題であると考えます。
企業姿勢の一貫として、継続的な環境の保全・改善に努めることを宣言します。

群馬トヨペット株式会社 代表取締役社長 大山 駿作

基本方針

  1. 事業活動が環境に与える影響を正しく認識し、環境目的・環境目標を定めて、全社員で継続的な環境改善に取り組む
  2. 環境に関する法律・規制・協定等を遵守し、環境保全レベルの向上を図る
  3. 環境保全は発生源対策が基本と考え、事業活動のすべての領域で、省資源・リサイクルの推進と廃棄物の削減・汚染の予防に努める
  4. 計画的な環境教育および啓発活動により、全社員に環境方針の理解と環境保全の意識の徹底を図る
  5. 環境監査を実施して、環境管理の維持徹底を図る
  6. お客様に車の環境情報を積極的に提供して、低燃費車・低公害車の普及を図る
  7. 地域社会とのコミュニケーションを大切にし、地域の環境保護の活動に協力する

群馬県内カーディーラーで初!ISO14001全35店舗(含む本部)で取得

基本理念を遵守・実現するために、平成15年に前橋鶴光路店、高崎上大類店が当社では最初に環境に配慮した企業に与えられるISO14001を取得しました。
平成22年にはISOマルチサイト(全35店舗)を取得しました。
資源として再利用できるよう、事業所から出る廃棄物の分別収集を徹底し、節電・節約などにも心がけています。

ISO14001とは

ISO14001とは国際標準化機構(ISO)が定めるISO14000s(シリーズ)『環境マネジメントシステム規格』の一つで、環境マネジメントシステム(EMS)をどのように構築すればよいかを定めた仕様書です。
1992年ブラジル・リオで180カ国以上の国家代表が参加して開催された、通称地球サミット(地球環境会議)において地球環境問題が議論され、人類の子孫に豊かで明るい地球環境を伝承する願いを込めて、行動計画「アジェンダ21」が採択されました。
この地球万人の願いが集約されたアジェンダ21を的確にフォローする目的で1996年9月に制定されたのが、国際標準化機構(ISO)が定めるISO14000s(シリーズ)『環境マネジメントシステム規格』です。ISO14001はISO14000sのうちの中核となるもので、環境マネジメントシステム(EMS)をどのように構築すればよいかを定めたものです。
環境マネジメントシステムは、企業の活動が環境に与える影響を常に低減するように配慮し、継続的にその改善を続けるための組織的しくみで環境と経済の両立を図りながら、企業の継続可能な発展を推進する規格です。